考えてみた

株の初心者だった頃の天パパパ失敗談8例

どーも天パパパです。

株を始めた頃の天パパパ失敗談8選を紹介します。人生恥をさらしてなんぼです。

では、

 

1 投資に興味を持って投資雑誌のダイヤモンドザイを毎月買って読んでいたが大人の世界に踏み込むことが怖くて踏み出せず10か月が過ぎてしまった。

過去の天パパパにアドバイス 

無くなっても構わない額でまずは投資しなさい

 

2 リーマンショックが起こり株価が下がりに下がり続けもう下がらないだろうと考え株を買おうと思ったが証券口座を作っていなかった

過去の天パパパにアドバイス 

馬鹿か自分!口座作るのは無料とりあえず作っとけ

 

3 証券口座を作る際の認印の印字が薄くて書類が自宅と証券会社を2.5往復した

過去の天パパパにアドバイス

印鑑の使い方ぐらい勉強しておきなさい

 

4 簡保の宿問題で世間から叩かれ不当に株価が下がっていると判断し最初に買った銘柄はオリックス。でもストップ高とストップ安を繰り返し値動きが激しすぎて精神がついていかなかった。1か月くらいで手放す

過去の天パパパにアドバイス

最初は値動きに心が動揺するから安定してそうな銘柄を選びなさい

 

5 投資の神様ウォーレン・バフェットの本を読み漁りバフェット流の投資を試みた。自分ではバフェット流の銘柄を選んでいるつもりだったが、そもそも日本にはバフェット銘柄がなかった。

過去の天パパパにアドバイス

バフェット流を試みるなら舞台はアメリカでしょ!!

 

5 投資の神様バフェットがS&P500をすすめているいることを知った。バフェットになりたかったので個別株をやめなかった。

過去の天パパパにアドバイス

神への冒涜です。神様の言葉は信じなさい

 

6 独学で勉強を進めマゼラン証券伝説のトレーダー・ピーターリンチを知る。テンバガーが口癖になり今思うと恥ずかしい

過去の天パパパにアドバイス

もっと数字の勉強しなさい。そんな簡単に10倍にはなりません。

 

7 『約定』をずっと『ヤクテイ』と呼んでいた。『ヤクテイ』の意味を調べたら『ヤクジョウ』の誤読と書かれていた。

過去の天パパパにアドバイス

今でも漢字を読み間違えて恥ずかしい思いをすることはあります。ドンマイ。

 

8 プロでも市場平均に勝つことは難しいことを薄々感じ始める。でも自分は素人だからとなぜか例外にした。

過去の天パパパにアドバイス

例外にしたことはいただけませんが、薄々でも感じ始めたのはグッジョブです。

 

いかがでしたか。

こんな失敗をしていても投資を11年続けています。ETFなど市場平均が買いやすくなり、特定口座が導入されアメリカへの投資のハードルが下がり、AIが味方してくれる今なら私のような失敗はしないでしょう。

いや、今でも私は失敗の連続です。失敗と成功の積み重ねが精神を強くしてくれました。恐怖指数いつでもどんとこい。暴落バーゲンセールやってこい。

11年後また失敗を振り返ります。では

ABOUT ME
天パパパ
果物仲卸歴3年。飲食店店長歴7年。株での資産運用歴11年。歯ぎしりをナイトガードで防ぐことに成功した天パパパ。自分のリアルな実体験を元にお役立ち情報を発信しています。